思春期である第二次成長期の即物的な初恋

思春期である第二次成長期の即物的な初恋

男性であるわたしが異性を意識し始めたのは、小学校の中学年、確か4年生辺りだったかと思う。当然思春期である第二次成長期に突入する前だったので、内容は察して然るべきなのだが、どうにもわたしの恋は即物的だったような記憶がある。
結論から言うと失恋したのであるが、今考えれば当然だったと思う。わたしは好意を抱いた異性に対して行為に及ぼうとしたからである。
異性を抱いた相手は同じクラスの同級生だった。特に美人と言うわけでも、飛びぬけて才女だったというわけでもない。言うなれば目立たない子だった。
だからわたしは彼女を狙ったのだと思う。目立たないから襲ってもクラスで騒がれないと浅はかにも考えたのだ。親しげに近づいて彼女との距離を縮め、時には宿題や勉強の手伝いをすることもやった。そうやってイザ本番に臨もうとしたのである。
なぜ失敗したかと言えば、方法を知らなかったからだ。彼女と密着してそれからどうすれば良いのか分からなかった。彼女はこの一件で変なことをする男子だと認識したらしく、その後全く会話をしない仲になった。
今は、彼女を傷つけなかったことだけが救いとなっているが、トラウマなのか女性とはあまり関わりたくないと思っている。

復縁成功者から、復縁のエッセンスを学ぼう!〜

思春期,第二次成長期,即物的,初恋  

思春期,第二次成長期,即物的,初恋遠距離恋愛からの復縁
26日間の記録